ブログ

本当に「人生は修行の場」なの!?

「人生は修行の場だ」という考え方がありますよね。

苦しいこと、辛いことを乗り越えて、我慢してがんばっていくことで、魂が磨かれる。というような考え方です。

そんな風に言われたこと、考えたこと、みなさんもあると思います。

僕自身も、そんな風に思っていた時期がありました。

たしかに、僕たちは生きて行く中で、いろんなことに気づいたり、たくさんのことを身につけていきます。

人生の中で、たくさん体験をするうちに、人間的に成長していきます。

だから僕も、人生の中には修行的な要素もあるって思っていました。

 

でも、そう考えていた僕には、たくさんの「○○ねばならない!」というのができました。

「△△してはいけない。」
「□□できない自分はダメだ。」

いろんな制限を自分に加えて、その厳しいルールを守れない自分を責めました。

でも、本当の修行というのは、そういった、“ルールを守る”ということではありませんでした。

本当の修行は、『ルールをいかに無くしていくのか』っていうことのようです。

自分を縛りつけているルールを手放していく、もっともっと自分の思考を自由にして、狭くコリ固まった概念を手放していく。

それが修行だったんです!

人生は遊び場です♪

 

「ねばならない」
「してはダメだ」

こんなルールをを手放していく。

「ねばならない」→「どっちでもいい」
「してはダメだ」→「してもしなくても好きにしたらいい」

って、自分をもっと自由にしていくこと、それが修行だったんです。

でも、『人生は修行の場』とか言われると、そんな風には思わないですよね。

“修行”という響きは、なんか高く険しい山に必死で登るようなイメージ。
大変で、気が抜けなくて、努力と根性、気合でむかっていくような感じ。
一直線にひたすら突っ走るような感じがします。

でも、ルールを手放していくというのは、まったく逆のイメージです。

より楽で、ゆるんでて、自由。

一直線ではなくって、四方八方に大きく広がっていくって感じです。

「人生は修行の場」というより、

「人生は遊び場」っていった方がいいんじゃないかな(^O^)

たしかに、修行というか、“自分を律する”ということは、とっても大事なことです。

ですが、自分を律することが、自分を否定することにならなくていいはずです。

たとえ、自分を律すると決めたとしても、それができない時があってもいい!

そんなことで自分を責める必要は、まったくありません!!!

これからは、人生は遊び場だと思って、どんどん自分を広げていきましょう!

ルールを一つ一つとっぱらって、どんどん自由になりましょう!

僕たちは今まで、たくさんの「ねばならない」という名のブランドの服を身につけて自分を着飾っていました。
みんなに良く見られるように、みんなに気に入られるように。

でもこれからは、新しい遊びのはじまりはじまり~♪

たくさん着て、着ぶくれした洋服を、一枚一枚脱いでいきましょう!

ポイ!ポイ!ポイ!って、全部脱ぎ捨てちゃおう!

ちょうど季節も、暑くなってくるしね(^^)

全部脱いで、ハダカになって、人生を遊ぼう!!

脱げば脱ぐほど、内側にある本当の光が見えてくるよ(^O^)

「ねばならない」→「どっちでもいい」
「してはダメだ」→「してもしなくても好きにしたらいい」

に変換してね。

もちろん頑張りたいことがあるなら頑張ってもいい。
我慢したければ、我慢してもいい。

許したければ許せばいいし、
ゆるせなければ、ゆるさなくていい。

ようは、自分の心が喜ぶことを選ぶというのがポイントです。
何の制限もなくね♪

僕自身、たくさんのルールで自分を縛ってきました。
何十年も、たくさん着込んだまま生きてきました。

だから今でも、ほっておくと「ネバならない」って知らないうちに考えてることがあります。

でも、それで傷ついてたら、今度は

「“ネバならない”と考えてはならない!!」

というルールに縛られてることになっちゃいます(^^;ゞ

だから、気楽にやってイキましょう!
ちょっとずつ気づいていけばいいですからね。

一緒に楽しんで、もっとハダカになりましょう!
もっともっと、自分を愛しちゃいましょう!

 

  • このエントリーをfacebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のメッセージ

ページ上部へ戻る