ブログ

自分を好きになれないとき、こう考えてみてください

こんなメッセージをいただきました。
 

自分を好きになれなくて、許せなくて、大切にできなくて、生き残っていることを罪悪に感じて、人に尽くしてばかりで、信用しちゃいけない人間を見分けられず…
いつもこういう事態を引き寄せています。変わりたいです。現実に、心を開きたいです。

 

じつは僕も、今でも、自分をいつも好きでいるわけではないし、
自分のやってることや、やりたいことが許せない時もあります。
 
自分を大切にできなくて、自分にダメだししたり、
なんて無力なんだとか、
なんの役にも立ってないとか、
生きてる意味がないとか、
 
そんな風に思うこともあります。
 
熊本の地震に関しても、
僕ができることって、ほとんどない…
なんて思ってしまいます。
 

でも僕は、

自分を好きになれなかったり、ネガティブに考えたり、
変なことやっちゃったり、自分を大切にできなかったり、
 
そういう自分を、「それでもいいじゃない!」って
ゆるしていくってことが、
とっても大切なんだと思います。
 

長年、がんばって生きてきて、
ツライこと、悲しいこと、いろんな経験をしてきて、
 
ネガティブな思考パターンや、
自分をいじめるような行動パターンなど、
 
僕たちは、たくさん身につけてきました。
 

今、そのパターンが、自分を苦しめるものになっていたとしても、
すぐにそれを手放せるわけではありません。
 
その考え方や行動があったから、
逆に救われていたり、助かったということもあるでしょうし、
 
そのように考えていなければ、
生きていけなかった時期もあったと思います。
 
自分が、なるべく上手く生きていくために、
身につけてきた、安全装置のようなものですから、
 
その安全装置を、いきなり手放せるわけありません。
 

だから逆に、
そんな風に、自分を否定的に考えてしまう自分を、
ゆるしてあげて欲しいんです。
 
「よくやってきたね。がんばってきたね。ありがとう。」
 
って、そんな自分を認めてあげて欲しいんです。
 

「それでもいいんだよ。
自分を好きになれなくても、いいんだよ。」
 
って、“好きになれない自分”を、愛してあげてください。
 

すごく矛盾するように聞こえるかもしれませんが、
 
ダメな自分を、
「そのダメな部分もまた、素晴らしいんだよ」って、
認めてあげて欲しいんです。
 

僕も、何度も何度もそのプロセスを行っています。

 

3人
 

これに関連して、今からお伝えすることは、
ちょっとわかりにくいかもしれませんが…。
 

「自分の事が好きになれない」って思った時、
その時、“自分”って、どこにいると思いますか?
 
★ いけてない行動をしている自分
 
★ それを見て、好きになれないと思っている自分 

二つの自分がいますよね。
 
どっちが、本当の自分でしょうか?
 

“好きになれないと思っている自分”は、
“いけてない行動をしてる自分”を、
 
まるで別の人のように、客観視してみています。
 
だから実は、
“好きになれない自分”は、なにも変な行動をしていない
ってことになりますよね。
 
ただ好きになれないだけ。
ダメなことは何もしていません。
 
だから、もし好きになれない自分が、本当の自分だとしたら、
本当の自分は、素晴らしいんだってことになります。
 

さらに、今、ここまで考えて、
この“好きになれない自分”のことを、
客観視している、今、この記事を読んでいる自分って、
 
いったい何者なんでしょう?
 

この自分だったら、
今までの自分を好きになれませんか?
 

“いけてない行動をしている自分”や、
“それを見て、好きになれないと思っている自分”を
 
もう一人の自分が好きになってあげる。
 

そうできたらいいと思うんです。
 
そして、その自分で生きていく。
 

自分を受け入れる、自分をゆるすというのは、
この、第三の自分で生きるってことだと、
僕は考えています。
 

僕たちが、ラブピュアセルフでお伝えしていることは、
この第三の自分で生きていくってことです。
 
第一の自分も第二の自分も、
すべての自分を、純粋に、素直に、愛する自分
 
そんな自分で生きていく方法や、考え方を
おもしろおかしく伝えています(^O^)

 

もりも

  • このエントリーをfacebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のメッセージ

ページ上部へ戻る