ブログ

「愛」という字が現すこと

「愛」という字は、
「心」を「受」けると書きます。
 
「心」を包み込むように
「受」けとると
「愛」になる。
 

心を受ける。心を受けとる。
 
誰かの心からの気持ちを受けとる。
その心を包み込む。
 
と、それが愛になる。
 
「自分を愛する」ってことは、
 
自分の心を
受けとるってこと。
 
自分の
いろんな心を
包み込むってこと。
 

自分の心
自分の気持ち
 
今、
ざわざわと、
さまざまに
うごめく
 
この気持ちを、
 
全部、受けとる。
 

いい気持ちも
 
嫌な気持ちも
 
ワクワクも
 
イライラも
 
うれしいも
 
ムカムカも
 
心は、
いろんな形に
揺れ動くけれど、
 
全部
自分の心
 
全部
受けとめてみよう。
 
受けとめると
愛になるから。
 
そして
愛は、
 
受けとめたものを
包み込んでくれるから。
 

全部
受け取る。
 
全部
包み込む。
 
それが、“愛”
 

もりも
 

  • このエントリーをfacebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のメッセージ

ページ上部へ戻る