ブログ

宇宙の愛とひとつになる鍵

宇宙の愛とひとつになる鍵

生きていると、たくさんの悩みや問題が湧きあがってきます。
 
職場の人間関係や、恋愛、お金、家族のこと、
 
いろんなところで、問題にぶつかるたびに、
僕たちはどうしても、自分を責めてしまいます。
 

もっと、あーしていれば良かった、
こうしていれば良かった、
 
もっと努力が足りない、
頑張らなきゃいけない…。
 

やらなくちゃいけないこと、
やった方がいいこと、
 
たくさん思いつくけれど、
なかなか思い通りにできません。
 

それでさらに自分を責めたり、
自分がダメだと思ってしまう。
 
たとえその努力が上手くいって、
一つの問題が解決したとしても、
 
またすぐに問題はやってきます。
 

僕自身、ずっとずーっと、自分を責めて生きてきました。
 
自分の思い通りにいかない現実をみて、
自分が至らないため、努力が続かないためだと思って、責めました。
 
上手くいっても、またその中に、ダメな部分を見つけて、
結局自分を責めました。
 

それは、スピリチュアルな教えに出会ってからも同じでした。
 
たくさんの考え方や教えを学び、
そのたびに、心が解放されたように感じて、
夢中になりました。
 

でも、自分を愛せない人にとっては、
どんなに素晴らしい知恵や教えも、毒になります。

 
僕はいつのまにか、
スピリチュアルな教えが伝えるような、立派な心でいられない自分を、
また責めるようになりました。
 

宇宙や天の素晴らしさ、
光の存在たちの温かさを知れば知るほど、
 
自分の至らなさが、余計に目に付くようになりました。
 

 
自分自身と、宇宙の愛の間に、とても大きな溝を作っていました。
 
「宇宙が素晴らしく、愛に満ちていて、すべて完璧である」
ということは、信じられるのに、
 
未熟で不完全でネガティブな自分さえも、
その完璧な宇宙の一部であり、全ては一つなんだということを、
信じることができませんでした。
 

でも、それって、すごいエゴですよね。
 
全部が愛でできた宇宙の中で、
自分だけが愛じゃないなんて、
 
なんて自分を(ネガティブに)特別視してたんでしょう(~_~;)
 

それに気がついてから、
僕は、「自分もまた愛なんだ」ということを、受け入れました。
 

愛として、どんな自分も愛する許可を、自分に与えました。
 

 
そうしたら、「無条件の愛」というものの、
さらに深い意味が見えてくるようになりました。
 

どんなにダメな自分でも、
どんなに上手くいかないことがあっても、
 
それでもすべては完璧で、
すべては愛の中、ゆるされた中で起こっているということ。
 
自分のダメさの一つひとつも、愛の一つの表現であって、意味があるということ。
 

全部が完璧で、全部が愛。
その愛を認めないでいる自分もまた、愛で満たされていたということ。

 

言葉だけで、頭だけで理解していたものが、
ハートで感じられるようになりました。
 

そして、それがわかってから、
人生はとても楽に、幸せで、喜びと感謝に満ちたものになりました。
 
宇宙の愛のなかで、くつろいでいられるようになりました。
 

きっとすべてのカギになるのは、
 
「自分を愛する」
 
ということです!
 

僕たちが行っている、ラブピュアセルフは、
そのものずばり、
宇宙の愛を知り、ありのままの自分を愛することを、
90日かけて身に着けていくプログラムです。
 
宇宙や天の、大きなサポートと共に、
たくさんの愛を実感していきます。
 
もう自分を責めたり、罪悪感で自分を苦しめるのは、
終わりにしましょう。
 

幸せのドアを、一緒に開けましょう!

 

ラブピュアセルフ 自分を愛する魂のプログラム

 

もりも

 

ハッピースパークル通信
ヒーリングプレゼント付き、メールレター♪

  • このエントリーをfacebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のメッセージ

ページ上部へ戻る