ブログ

僕の高校受験 娘の高校受験

先日、娘の高校入試がありました。
結果は見事合格!!

推薦入試で、先生にもまず受かるだろうと言われていましたし、

面接試験がとっても好感触だったそうなので、
あまり心配していませんでしたが、

無事受かって、一安心です。

 

 

娘は、普通科の高校ではない、
ちょっと特殊な学科の高校に入ります。

その高校を選んだ理由の一つに、

「もう数学はやりたくない。」

というのがありました。

娘は数学への苦手意識が強く、
成績もあまり振るいませんでした。

それで入試する高校を選ぶ際に、

英数国理社の基本の五教科を
重視する普通科の高校ではなく、

実技や専門分野の勉強を重視する
高校を選びました。

しかも今の自分の成績で
十分入れる学校で。

実は僕は、自分の高校受験、
めちゃくちゃ勉強しました。

それはある私的事件が関係していて、

小学生のころに中学受験に失敗して、
父親に恥ずかしい思いをさせ、
心底がっかりされた経験があるのです。

中3の僕は、汚名返上のためなのか、
父親に褒めてもらいたかっただけなのか、

ほんと、朝から寝るまで勉強しました。

おかげで僕は進学校に入れましたが、
そんな経験があるので、

娘が「数学をやりたくない」と言ったり、
「今の偏差値で余裕がある高校に行く」
なんて言うことに対して、

ちょっと引っかかっていました。

「もう少し頑張ればもっといいとこに入れるのに…。」

「そんな特殊なところに行って、
これからの進路を限定しないで、
普通科の高校に行ったほうがいいんじゃ…。」

なんて思いが出てきました。

娘の選択が、なにか「逃げ」
のように感じちゃったんです。

最初はそんなふうに考えたのですが、
でもよく考えたら、

自分の好きじゃないことから
離れることは、
早いほどいいですよね。

無理やりやりたくない勉強を頑張って、偏差値の高い学校に入ったって、
入ってから辛いし。

僕自身、高校受験で燃え尽きちゃって、
高校では劣等生で嫌な思いをしていました。

そんな想いは娘にはさせたくない。

そう考えなおしてからは、
娘の選択が、とても素敵なことだと感じました。

「逃げ」のように感じたのは、
自分が当時無理やり頑張ったことを
正当化するためだったんだな。

もちろん今となっては、
頑張った高校受験の体験は、
とても良い思い出です。

でも、娘には
その体験は必要ない。

娘は高校に入ったら、
バリバリ、バイトに励むそうです♪

娘の自由さと素直さが
とってもまぶしいです(*^^*)

未来が、ピカピカ、キラキラ、
輝いています!!

もりも

  • このエントリーをfacebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のメッセージ

ページ上部へ戻る