ブログ

動物の命が自分の中に入って、それが自分の体を作るということ

こちらの記事に書きましたが、MEC食という、糖質制限的な食べ方をベースにして、2か月で6kgやせました。

この記事は、その続きです。

mec-top

僕は昔、1~2年、ベジタリアンだったことがあります。
 
ベジタリアンの時は、玄米食で、
それもまた楽しかったんですが、
 
“なんちゃってベジ”だったので、
「肉食べなきゃいいんでしょっ!」って感じで、
 
栄養とか、あんまり考えてなかったです。
 
「玄米は完全栄養食! 玄米さえ食べてれば大丈夫!」
なんて、思い込んでました(~_~;)
 

スピリチュアル業界でも、
 
「肉には、動物が殺されたときの、怒りや悲しみの波動が入っている。
だからあまり身体に摂りいれない方がいい。」
 
とか、
 
「自分が殺せるわけでもないのに、食べるのはおかしい。」
 
とか、
 
「霊力を高めるには、粗食・菜食がいい。」
 
とか、
肉食を否定する、いろんなことが言われています。
 

僕自身、そう思い込んでいたので、
なるべく肉を食べないようにしていたし、
 
食べる時も、豚や牛などの4つ足の動物は避けて、
鶏や魚をメインにしていました。
 

また、お米」の力を信じてもいました。
日本人のソウルフードとして、米さえ食べてれば大丈夫
っていう感覚がありました。
 

だからダイエットしなきゃと思っても、
アトキンスダイエットなど、炭水化物を制限するダイエットは、
お米が食べられないということだけで、見向きもしませんでした。
 

でも、ネットでたまたまMEC食のことを知ったとき、
今まで僕が知らなかった論理に、本当にビックリしました。
 

僕が見たのは、この講義の文章。
 
菜食vs肉食 本当にカラダにいいのはどっち? 徹底討論が開幕
 
っていうシリーズを読んで、「ん?菜食って…」ってなって、
 
次にこちらのシリーズ
渡辺信幸医師 医療講演会~あなたの美容と健康にMEC食~

 
を読みました。
 

それで、
 
・肉や脂は太らない!

・ご飯やパン、パスタの糖分はものすごい!

・インシュリンが太る原因。

・カロリーという概念のウソ

・動物性の油は身体に良い

・食物繊維は必要ない!

・人間は基本的に肉食動物!

・卵は1日に何個食べてもいい!
 
などなど、
本当にたくさん、目からうろこの話を知りました。
 

コチラの動画ではMEC食の渡辺先生の講座を観られます。


  

新しい情報を吸収するうちに、肉食に対する抵抗がとても減っていき、
むしろ早く実践したくてしょうがなくなって
その日のうちに、はじめました(^O^)
 

「肉・卵・チーズ・脂・バターなどを、制限なく食べてもいいよ♪」
そんな風に思って、なんの罪悪感もなく食べた、
たっぷりのチーズやバターをのせたお肉の、贅沢で豊かなこと(^q^)
 
バターや肉の脂がしみこんだ野菜の、うまいことうまいこと!!
 
そういう料理は、とても久しぶりだったので、
動物性の食材を使うと、こんなにおいしくなるんだーって、本当にビックリしました!
 

そしてまた、肉をゆっくり良く噛んで食べることで、
 
「この動物の命が自分の中に入って、それが自分の体を作ってくれるんだ。」
という実感と感謝が、とても自然に湧き上がってきました。
 
もちろん今までも、「感謝して食べ物をいただく。」というのは、
当たり前だと思っていたし、それなりに感謝していたつもりだったのですが、
それはまだ、頭で考えて、そう思っていたんだっていうことに、気づかされました。
 

MEC食の関連記事は、コチラ↓

その1 身体に摂りいれる栄養、考えていますか? MEC食2か月で6kgやせました!

その2 動物の命が自分の中に入って、それが自分の体を作るということ ←今の記事

その3 糖分とスピリチュアルなエネルギー

 

もりも

  • このエントリーをfacebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のメッセージ

ページ上部へ戻る